うれしい日
全国的に雪が降ってます。
交通機関が乱れてみんな大変そうですね・・・
今日のイベントは大丈夫かな?
早く天気になるといいですね!
素敵な1日でありますように (^_-)-☆
c0233351_23585415.jpg

師匠に教えてもらった手法で処理した画像を追加しました。
イメージがずいぶん変わりますね♪

c0233351_1823174.jpg

[PR]
by tac_0303 | 2014-02-09 00:00 | LAGUNASIA | Comments(12)
Commented by judd1229 at 2014-02-09 08:20
おぉ~、背景VP使ってますね~ (^▽^)
背景のみに油絵系のVPを使う時は、その後に Topaz Adjust を全体的にかけると
被写体と馴染んでくるのでオススメですよ。

Topaz を起動して、例えば左側の Film Collection 内から Vintage Grunde II を選び、
右側の FINISHING TOUCHMENT から Diffusion と Grain と Vignette のチェックを外す。

これで全体が暖色系になるので、左側の各パラメータを微調整して仕上げる。
僕が良くやる手法です (^^)ゞ 今後も使えそうな設定なら保存するのをお忘れなく。

彼女の右手首 ~ エプロン下の黒いスカートのあたりが油絵化されてるのは、わざと?
Commented by araragu823 at 2014-02-09 16:49
雪いいですね
私のところは昨日、雨でした(xдx;)
雪が降ると思ったのに雨でした
雪降ってくれないかなー⁇笑
Commented by tac_0303 at 2014-02-09 18:23
>judd1229さん、
VPの後に Topaz Adjust をかけるという発想ありませんでした。
教えて頂きありがとうございます。
早速やってみましたが、これだけで全体の質感がずいぶん変わりますね!

「彼女の右手首 ~ エプロン下の黒いスカートのあたりが油絵化」
これは、わざとです。 ^^
よく見てますね~ 最初は全部消したんですが、少し残った方がおもしろい気がして・・・
絵画の世界から抜け出して来た彼女ですが、まだ一部は絵画の世界に残っているイメージです。
こんなストーリーを考えながらレタッチするのが楽しいと感じています。^^
Commented by tac_0303 at 2014-02-09 18:23
>araragu823さん、
私のところも途中から雨まじりになりました。
道路にシャーベット状の雪が積もっていて・・・ あぶないので家で静かにしていました。
いっそのこと綺麗な雪がつもれば雪あそび出来たのにね~
雪だるまはお預けです。^^
Commented by mame1230 at 2014-02-09 20:18
自分も次は使ったことないTopazのアイテムを使用してみます。

Commented by tac_0303 at 2014-02-09 21:11
>mame1230さん、
ラグがオフの期間はいろいろ試せるチャンスだと前向きに考えるようにしています。
ここでのスキルアップが次につながるといいですね!
次回作、楽しみにしていますよ♪ ^^
Commented by judd1229 at 2014-02-09 23:16
まだ一部は絵画の世界に残っている・・・なるほどね~ (^^)
スカートはともかく、手首は気づかないはずがないので
何でかな~? と思ってました。

背景が暖色系なので、Topaz で被写体も暖色にした方が馴染むよって
意味だったのですが、あえて寒色系にしてコントラストを付ける手法も
あるかと思います。表現はたぶん難しいけどね (^^)ゞ
Commented by tac_0303 at 2014-02-11 00:13
>judd1229さん、
こうやって意図がある時の指摘はうれしいです。
そうじゃ無いことが多いので困るのですが ^O^

通常仕上げの彼女と、明らかに異なる背景を組み合わせることで
彼女の存在が際立つという狙いでしたが、
「馴染んでないよ!」と言われればそうかもしれません ^^;
寒色系(青色系???)だとどんな感じになるのか興味深いです。
Commented by judd1229 at 2014-02-12 23:09
しつこいようですがもう少しだけ (^^;

異なる背景を組み合わせる意図は判るのですが、
それならTopazをかけた背景の色をもう少し薄くして
被写体をより際立たせる必要があるかと思います。

同じ色の濃さで仕上げると、どうしても背景の方が
強くなってしまい、被写体が埋もれてしまうので。

背景のセピア化やモノクロ化など、あっさりさせる方向なら
被写体はそのままでも良いのですが、背景をこってり仕上げに
する場合は、それなりの後処理が必要かと。。。

馴染ませる場合はさほど必要有りませんが、対比させる場合
主題以外は抑えめに表現するのがセオリーです (^^)v
Commented by tac_0303 at 2014-02-13 00:29
>judd1229さん、
セオリーと言われるとぐうの音も出ないですね ^^;

今回は背景の色合いが気に入ったのでこのまま使いたいと考えました。
そこで、主題の彼女が背景に負けないよう鮮やかに仕上げることにしました。
一応は主題を引き立たせるという観点はあったのですが、
セオリーからすると真逆のことをしていたのですね・・・
知らないということは怖いです ^^;
知識が無いゆえに型破りのやり方で今回の絵が出来てしまったんだと思います。
次回からは教えて頂いたセオリーと自分のやりたいことのバランスをとりながら、
お気に入りの絵が出来るよう頑張りたいと思います。
でもね、実はこの絵が結構好きだったりします。
絵画の世界を現実世界では存在しない派手な色使いの背景で表現し、
そこに現実世界の彼女が凛と立つ。このギャップが面白いと感じています。
Commented by judd1229 at 2014-02-13 08:38
たかがセオリー(基本)なので、その通りに仕上げないとダメだというワケじゃないし
無視してもゼンゼンOKなんですよ。趣味だからね (^^)v

ただ、基本を知っていて、あえてそこから外すのであれば意味があるのですが
知らないというのはマズイと思うので、嫌われるの覚悟であれこれ言ってます (^^)ゞ

写真は順位が判らない(つかない)ので、基礎知識や基礎練習といった
メンドクサイことは誰もしたがらないですよね。
Commented by tac_0303 at 2014-02-14 00:29
>judd1229さん、
ジャドさんのありがたいお言葉、無視なんかしたらバチがあたりまんがな~^^
そもそも、基本をわかった上でその型から外すのが「型破り」といいますし。
基本をおさえた上で ここぞと言う時に 型破りしてみようと思います。(笑)
また見かけたら暖かい目で見てやって下さい。m(_ _)m
<< 「油屋」 千と千尋の神隠し より 砂漠の女神 >>